自己紹介

自分の写真
1960年岐阜県生まれ。小説家です。著書一覧は「すずききいちろう」で検索してください。

2021年6月28日月曜日

2021年6月28日桜井美奈『殺した夫が帰ってきました』心理サスペンスの新旗手登場

2021年6月28日桜井美奈『殺した夫が帰ってきました』心理サスペンスの新旗手登場

桜井美奈『殺した夫が帰ってきました』(小学館 2021年4月)読了、感想。超超超超超収穫。タイトル通り、殺したはずの夫が帰ってきてうんぬん、という話。トリックもさることながら、圧倒的にいいのはそのリアリティ。殺したはずの夫が帰ってきて(殺した夫が、またサイテーの人でなし野郎何だ)、その夫との関係が修復してゆく描写が素晴らしいっす。

心理サスペンスは新津きよみさんぐらいしか思いつかなかったんだけど、いい書き手が現れましたねえ。

ちなみに、著者にインタビューしたら「もし西島秀俊が『夫です』と帰ってきたらどうしよう、ってところから発想しました……」って着想に爆笑しました。

 

2021年6月27日日曜日

2021年6月26日吉原珠央『自分のことは話すな!』は50歳以上はぜったい読んでおけ

 2021年6月26日吉原珠央『自分のことは話すな!』は50歳以上はぜったい読んでおけ

令和元年7月・幻冬舎新書。読了、感想。これは超超収穫。自己啓発系の新書です。コミュニケーションまわりの話です。もう、耳が痛い話ばかり。

「雑談はするな」と著者が示しているんですが、そのなかで「無意味な雑談はみっつある」という。

1)求められていない話 「そんな話は知っています」系の話

2)推論 「○○であろう」系の話

3)トクのないムダ話 「だから何?」系の話

あと、「相手を褒めるのは上から目線」ってのも、そうだよねえ。同業者の作品の感想を伝えるのは、むちゃくちゃ難しいもの。

ジジイになると、無意識のうちにこの種の話はぜったいにやっているので、自覚をしなきゃいかんよ、ほんと。

鈴木輝一郎 by Chromebook



2021年6月26日土曜日

2021年6月26日午前8時16分これから鈴木輝一郎小説講座収録

2021年6月26日午前8時16分これから鈴木輝一郎小説講座収録 
先月、生中継が突然止まるという事態が発生した。これはYouTubeサイドの問題だったと判明し、いちおう解決はしている。 

 ゲストは桜井美奈さん。 課題図書は『殺した夫が帰ってきました』。受講生の質問はとりまとめて転送を終えた。 人前に出るのは(無観客講義だけど)ひさしぶり。声がちゃんとでるかなあ。 

 ともあれ、9時半現場入り、機材設営、10時半動作確認、11時収録開始という予定。
けっこうな確率でこの動作確認のトラブルが発生するので、まったく油断できないけどね。 
 ともあれ、うまくいくように、みなさん祈ってください。 

2021年6月25日金曜日

2021年6月25日16時31分 おすすめポッドキャスト。マッチングアプリ評論家・小出真保さん

2021年6月25日16時31分 おすすめポッドキャスト。マッチングアプリ評論家・小出真保さんの「声が哀川翔だけどブロック」。声、大切だよなあ…… https://open.spotify.com/episode/2fio57kVQfyz5hfjxZo5dg?si=-td1k4rSQouK0AYMMNTiDQ&dl_branch=1

2021年6月25日ネットレビューと実売は無関係

 2021年6月25日ネットレビューと実売は無関係

講談社文庫の電子書籍の配信が始まって半年。初めての電子書籍印税の振り込みと、売上明細がとどきました。

で、チェックしてみると表題の通り。ネットのレビューなどでまったく触れられててない作品が「こんなに売れてるの?」という数字を叩き出していてびっくり。

ぼくの作品に関しては、いままでもネットの反応とはまったく無関係に、書店店頭での実売に強いんですが、電子書籍でもそこまで差がつくのは、ちと意外な感じ。

ちなみに、この電子書籍印税は、内山安雄アジア奨学金の奨学支援金へと一瞬で消えました……電子書籍印税は、実売印税だからねえ。


2021年6月23日水曜日

2021年6月23日午後4時35分俺は一生金に困らない運勢

 2021年6月23日午後4時35分一生金に困らない運勢

手相・姓名判断・四柱推命・人相と、いろんな占いをやってみて共通しているのは「あなたは一生、お金に困らない」と出るところ。

同業者内山安雄さんが個人でやってる奨学資金に、ぼくも参加していて、フィリピン・セブ島の少年に奨学支援してる。半年に1度、支払いがある。

今月はその払込みの月だというのを忘れていたのと、新刊キャンペーンの準備で出ていく金が多く、内山さんから請求メールが届いたとき「どうやって工面しよう」と思った。ホレ、月々はたいしたことなくても、半年ぶんだから。

そしたら、このご時世なのに株の配当が村田英雄の歌とともに(『王将』ね)とともに振り込まれ、講談社から電子書籍の印税が振り込まれ、プラマイゼロになった……もちろん、さきほど振り込みましたよ、ええ。

いや、たしかに「金に困らない」のかもしれないけどさ……「金に困らない」って、それかよ……

2021年6月23日午後3時59分Twitterのタイムラインとの連携ができたよ

 2021年6月23日午後3時56分ながいこと放置したままのホームページ、ようやくTwitterとの連携が可能になりました。次はFacebookとの連携をなんとかしなきゃ。


2021年6月11日金曜日

2021年6月11日午後5時25分待合室で体力を削られる

 2021年6月11日午後5時25分待合室で体力を削られる

今日は7.5時間睡眠。自分の原稿書き。

11時半にテニス肘で整形外科。右肘の痛みはかなりとれたけれど、まだ違和感があるので。正午前に待合室にはいると、割と早く済むから──というのは考えが甘く、待合室で2時間待たされたよ……

兼業作家時代が長かったのでカバンに執筆道具一式を詰め込んでいつでもどこでもオフラインでも仕事ができる習慣をつけておいてよかったよ……

この、待ってる間に奥山景布子『流転の中将』(PHP出版)を読了してレビューをメモし、吉原珠央『自分のことは話すな!』(幻冬舎)を読了してレビューをメモし、新刊キャンペーンの日程のおおまかなものを決めてアシスタントをやってくださるかたにメールし、自分の原稿の明日書く部分のラフを書いて、旦部幸博『珈琲の世界史』(講談社)を読み始めたところで、やっと呼び出された。

「ひょっとしたら」と思って診察時間を測ったら、洒落でも誇張でもなく、本当に診察は5分で終わったよ……

整形外科の椅子は書斎のアーロンチェアと違い、二時間座って仕事するようには作られてない。この時点で全身ぐったり。健康で体力が有り余ってないと、病院には行けないよ…… ともあれ、ロキソニンの湿布薬と漢方薬を2週間ぶん処方され、午後はぐったり。

Podcast『鈴木輝一郎小説講座ラジオ』の配信先にpodcastaddict、TuneIn、Castboxを追加。

これでSoundCloud、ApplePodcast、GooglePodcast、Spotify、Castbox、TuneIn、podcastaddictの7局ネット配信とYou Tube。

ここまで書いてFacebookに奥山景布子『流転の中将』のリンクを張ろうと検索窓に入力したら、巨乳のフィギュアが次々と表示された。大丈夫か、amazon……

鈴木輝一郎 by desktop



2021年6月10日木曜日

2021年6月10日午後5時19分今日は自分の原稿に集中の日。

 2021年6月10日午後5時19分今日は自分の原稿に集中の日。

8時間睡眠。今日は朝ウォーキングをパスして睡眠を優先。7時に起床して、寝室の予備マシンで領収書の入力。
音声日記更新と告知。これは前日の夜に録音したものをアップロードするだけ。
ほいでもって次作の自分の原稿本稿。次作の中身については、店頭に並ぶまでは秘密。何が起こってもおかしくない業界なのでね。
午後はレポート用のリフィールに1.0mmのサラサボールペンに手書きで今日かいた原稿の続きの下書き。
あと、今夜のPodcast日記の脚本。質問箱「マシュマロ」に寄せられた質問箱に回答する形(佐藤青南君のYou Tubeのパクリです)なんだが、似たような質問が続くとさすがに飽きる。小説講座ネタ以外のコンテンツを発掘して行かなきゃならんのだが。
デビュー前からの付き合いの編集者から「定年になりました」の挨拶がきたのでお祝いの手配。
Googleナレッジパネルの認証がきたのでチェック。Googleで検索をかけると真っ先に表示されるパネルのアレね。いちおう、ホレ、「そこそこ有名人」だから。
ウィキペディアの内容は利害関係者(俺だよ俺)は編集できず、内容がけっこう古いままで参ったなあ、と思ってたんだけど、これで最新の情報にアクセスできるようになる。更新はした。反映されるのはもうちょっと先。
今日はこれでだいたい仕事は終わる予定。飯を食ったらPodcastの録音やって、奥山景布子『流転の中将』と桜井美奈『殺した夫が帰ってきました』の続きを読む。

鈴木輝一郎 by desktop



2021年6月7日月曜日

2021年6月7日この段階でのラジオのチェック&反省&改善点

 2021年6月7日この段階でのポッドキャストのチェック&反省&改善点

・雑談部分がタルい。1本15分は長い→半分に削る。

・テンションが低い

・「作家の窓口」の朗読が下手すぎ→朗読は下読みしてから。

・咳払いが多い

・「でーこーなんでかなー」が多い

・息を吸うノイズがやかまし

・「あのー」が多い


いちばん考えられるのは、

1)雑談をいれようとして失敗する

2)夜、寝る前に収録しているので疲れきっている

こと。

とりあえず雑談部分を削り、朝いちばんで収録することでだらだら感を解消する、という形で改善してみる。


とにかく、なにごともトライアンドエラーなんでござる。


鈴木輝一郎 by desktop


https://soundcloud.com/iesxw6ohohmz

鈴木輝一郎の著書のお取り寄せは下記から