自己紹介

自分の写真
1960年岐阜県生まれ。小説家です。著書一覧は「すずききいちろう」で検索してください。

2021年11月29日月曜日

大河内傳次郎『丹下左膳 百万両の壺』はコメディちゃんばらだった

021年11月29日大河内傳次郎『丹下左膳 百万両の壺』観了、感想。1935年の作品。資料のつもりでみたら面白かった。丹下左膳は、剣豪なんだけど、ただのヒモ。コメディです。大河内傳次郎が白塗りで、独特の滑舌の現実離れした雰囲気が、コメディとしてのトーンが揃って、いいですねえ。いまでも面白いっす。

amazonプライムで観られます。

https://amzn.to/3cYblMT

2021年11月23日火曜日

2021年11月21日ダニエル・クレイグ『ナイブズアウト』はオリエント急行だった

 2021年11月21日ダニエル・クレイグ『ナイブズアウト』はオリエント急行だった

ダニエル・クレイグ『ナイブズアウト』観了、感想。サスペンス映画です。評判がよくてamazonプライムで観られるものを漁ってたら見つけた。もう、とにかくキャストが豪華です。はっきりいって制作費の過半がキャストのギャラで吹っ飛んだんじゃないか? というような。

しかももっと凄いのは、「誰がどの役でもいいんじゃね?」感が満載なところ。「キャラが立ってなくてストーリー優先」ってこれだよなあと。ダニエル・クレイグが名探偵の役なんだけど、ぜんぜん名探偵じゃないやん。リメイク版のオリエント急行のような。

しかし、それでも2時間があっという間にすぎてゆくから、ハリウッド映画はあなどれないねえ。丁寧に伏線が張ってあって、最後にちゃんと回収するし。

ちょいとめんどくさいので、吹替版のほうがいいかな。楽しい映画です。

2021年11月20日土曜日

2021年11月20日午後3時10分土曜は完全休日

 2021年11月20日午後3時10分土曜は完全休日

9時間半寝て、ちょこっとウォーキング。音声日記を更新し、鈴木輝一郎小説講座の受講生簿をちょこっと整理していま。
夜、薬物依存症の自助グループに出かけるまで、今日はもう、何もしない。何もしないことは、大切。

2021年11月19日金曜日

2021年11月19日午後7時38分プロって凄い

 2021年11月19日午後7時38分プロって凄い

もうすぐ発売される『何がなんでも長編小説が書きたい!』(河出書房新社)の見本が来着

「出来が悪くて書き続けるのが苦痛」「書いているうちに別のアイデアが次々と湧いてきてそちらを書いてしまう」などなど、ありがちな挫折を拾ってます。

これはさすがに自分の経験から自信をもって断言するが、本書を読んで書いてあること実行したら、2021年の時点なら確実に予選は通るよ。

──っていうか、ものすげえ細かいところまで書いてあるんだが、よく考えると、プロは普通、無意識にやってることばかり。ぼくも自分で講座をやるようになってから、「え? これが理解できんのか?」と驚いて、言語化するのに難儀したことばかり。プロの作家って、鈴木輝一郎レベルでも、けっこう凄いんだなあ、と(^_^;)


いまのところ電子化の予定はありません。紙の本だけでの販売の予定です。紙の本は売り切れなどがあるので、いますぐご予約を。


2021年11月17日水曜日

【鈴木輝一郎の小説書き方講座ラジオ】2021年11月17日ラジオの録りだめ目標2週間

2021年11月17日ラジオの録りだめ目標2週間
小説講座ラジオ、発信をYou Tubeに一本化してから手間が減り、毎日更新が可能になった。
(正確にはYou TubeとSoundCloudを同時にアップロードしてあっちこっちのポッドキャストで聴けるようにしたんだが、そこらへんの話は、まあ、よかろ)
で、ちゃちゃっと脚本書いてせっせと録りだめてるところ。この種のことは意外と地道さが重要で、毎日やってると、ブレイクはしないが、確実にアクセスは増える。
You Tubeは秒単位で離脱状態がわかる。音声だけの配信は、動画配信よりも初期離脱が早いとか、ちょっとでもテーマをはずれるとすぐに離脱されちゃうとか、無料の視聴者な、なかなか容赦ないけどね。

You Tubeは、とにかく視聴者の志向がすぐに変化するのが厄介なのと、You Tubeと小説の親和性が低くてYou Tubeは書籍の売上げにはまったく貢献しないんだが、要するに「手間がかからなくて時間と金もかからず、普段の仕事とまったく違うことをやる」ってことが大切なんでね。
いまのところストックが少ない。2週間ぶんぐらいあると、ネタ切れしてても慌てる必要はなくなる。次の課題は、小説講座以外のコンテンツをどうやって広げてゆくか、だね。

しかし、欧米ではポッドキャストの時代が到来してるということなんだが、日本では、その気配もないよ(^_^;) 

鈴木輝一郎 by desktop

鈴木輝一郎の著書のお取り寄せは下記から