自己紹介

自分の写真
1960年岐阜県生まれ。小説家です。著書一覧は「すずききいちろう」で検索してください。

2021年7月26日月曜日

【満員御礼】2021年7月26日午後5時11分、おかげさまで満席となりました。

 【満員御礼】2021年7月26日午後5時11分、八重洲ブックセンターのイベント、おかげさまで満席となりました。ありがとうございます。

さきほどゲストへの質問類をとりまとめて転送しました。

あとは、この暑さで当日までにぶっ倒れることのないようにすることが第一だな…… 拙宅のまわりは、さきほど36℃。いまちょっと下がって33℃になりました。湿度は50%そこそこ。風は吹いているんだけど、乾燥した熱風にさらされているので、なんか乾燥機の中にいるようだ。

2021年7月26日10時28分新刊パブ原稿渾身のデッドボール

 2021年7月26日10時28分新刊パブ原稿渾身のデッドボール

新刊のパブリシティ原稿、500文字という指定だったので書き上げ、チェックし、削り、音読して文字数を調整し、送信しようとして先方のオーダーをコピペして、いま気づいた。
指定は、1000文字だった……
俺の青春を返せ。

2021年7月25日日曜日

2021年7月24日『印税稼いで三十年』目次が公開されました。

2021年7月24日『印税稼いで三十年』目次が公開されました。

下記をクリックすると出てきます。「インタビューのされかた・舞い上がらずにインタビュアーの都合を考えろ」「デビュー後の仕事のとりかた・『プロット出して』の編集者の言葉の日本語訳」「とりっぱぐれ原稿料回収・虎の威を借る狐作戦」「編集者との付き合い方・天才型編集者激突の当惑」「ギャラの交渉方法・ギャラに無関係に全力で仕事をせにゃならんので優先順位に気をつけろ」など業界サバイバル術満載。


 https://note.com/honnozasshi/n/n26ffcac3e200?fbclid=IwAR1TThpZJsgFRnHfUdO6fZs5T94dn98oE4vFPY3sgj8sMoB8f2CCwAwTjz8

2021年7月24日土曜日

2021年7月24日午後9時27分この時間に配信を開始したよ(・・)

 2021年7月24日午後9時27分この時間に配信を開始したよ(・・)

さすが5Gの光通信。当たり前だけどモバイルルータより上りの転送速度がヒトケタ違うだけあって、いままでほとんど一晩がかりだったアップロードが、いま終わって配信を開始したぜ。

動画編集用のPCをi7に上げて以来の技術革新(ってほどじゃない)。

写真のアロハはMAJUNって沖縄のメーカーもの。レインスプーナーがちとお高いのでどこかないかとあたってみたら出てきた。沖縄のかりゆしウエアだそうで、かなりしっかりした生地とカッティングだったんで、もう1着とりよせた。けっこうおしゃれさんです。




2021年7月23日金曜日

2021年7月23日宇宙大作戦は政治と哲学が詰まっとった

2021年7月23日宇宙大作戦は政治と哲学が詰まっとった
光通信の抱き合わせ契約で見始めたNetflixの『宇宙大作戦』、子供の頃は「ゴリラの惑星」とか「地底怪獣ホルタ」とか、わかりやすいエピソードばかり観てた。
けっこう忘れているものがあって、中身を忘れているものからぼちぼち再見。
子供のころにはわからなかった、政治的メッセージだとか生活哲学がずいぶん含まれていることにびっくりしているところ。

ウィリアム・シャトナー『宇宙大作戦』遊園惑星
これは超超収穫。「えええーっ! こんな終わり方だったっけ?」と。
ウィリアム・シャトナー『宇宙大作戦』宇宙軍事法廷
これは超超超超収穫。子供の頃に観たときは退屈だったんで飛ばしたけど、これ、法廷ミステリーだったのね。制作費を他の回にまわすためにセットはアリモノの使いまわしだけど、そのぶん脚本に力が入っていて、ハリウッドの底力を見せられました。
ウィリアム・シャトナー『宇宙大作戦』宇宙の帝王
後年『カーンの逆襲』で映画版の続編がつくられたもの。これはうろ覚えだったなあ。リカルド・モンタルバンのカーンが、本当に魅力的っす。
ウィリアム・シャトナー『宇宙大作戦』ベータ・スリーの独裁者
コンピュータに統治を任せた住民のところに行ってコンピュータを破壊する話。ベトナム戦争当時の、自由と民主主義を異文化にも強要してきた時代のアメリカらしい空気が出ているかなあ。この『宇宙大作戦』は、そうした独善的な箇所がちょいちょいあって面白いっす。
ウィリアム・シャトナー『宇宙大作戦』コンピューター戦争
これも紛争中の二国に惑星艦隊が強制介入して力づくで和平に持ち込む話。当時のアメリカの政治哲学が色濃く反映された話。中東戦争の真っ最中の時代だと考えると、興味ぶかいっす。
ウィリアム・シャトナー『宇宙大作戦』死の楽園
これは経済成長期のアメリカの、生活哲学がかなり強く反映された話。ここに出てくる「無理をしてあれこれ成長するより、医者が無用となって健康にまったく気をつかわなくていい社会」って、現代だと「なんでそんな楽園から出てゆこうとするんだ?」って考えられますな。
ウィリアム・シャトナー『宇宙大作戦』クリンゴン帝国の侵略
敵国クリンゴンとの中立地帯のとりあいの話。いくつか政治的に強権的に他国に介入する話が続いたので、その反省かな? 敵国クリンゴンの司令官のモデルが明らかにチンギス・ハーンで、いまだったらレギュレーションに引っかかるかも。
戦争と和平について、宇宙をメタファーにしつつ、短い時間に丁寧に作ってあります。


鈴木輝一郎の著書のお取り寄せは下記から