自己紹介

自分の写真
1960年岐阜県生まれ。小説家です。著書一覧は「すずききいちろう」で検索してください。

2022年11月20日日曜日

2022年11月20日午前9時21分イエス様はひざまづいて弟子の足を洗われたわけだが

 2022年11月20日午前9時21分イエス様はひざまづいて弟子の足を洗われたわけだが

ベッドに寝ている老母のオムツ替えで、けっこう大変なのは中腰でせえのとオムツを替えること。以前タイトーで大量のテーブルテレビゲームを運んでいたとき「ぎっくり腰は重さじゃなくて姿勢でなる」とたたきこまれたので、この体勢がいろいろやばいということはわかった。タイトーさんありがとう。俺は介護理由で円満退社(四十年近く前のときは亡父の介護退社だったなあ……俺、ずっと介護してねえか?)して、タイトーさんはまだ会社が存続しているらしいが、それはこの際どうでもいい。

んでまあ、教会の聖書研究でイエス様が弟子の足もとにひざまづかれて足を洗った話を思い出したわけだ。
で、老母の足元にひざまづいてオムツを交換すると、いや、たしかにこれなら俺の腰はかなりラクになった。イエス様の教えに感謝──ってそこじゃねえよな。

息子にオムツを交換されるのがよほど嫌なのか(俺だって嫌だよ)、「パンツかえるぞー」というと「わたしは自分で交換したからええ〜」という。
たいていこれはウソなので、チェックすると交換どころかオムツの上からオムツを重ねてる。「二枚重ねで多くても夜でも安心」って、なんだそれ。

それにしてもユニ・チャームの紙オムツはすごい。がんがん吸ってたっぽんたっぽんになっていても漏れない。

叔母が手伝いに来てくれるとのことで日中は教会で礼拝の予定。

鈴木輝一郎 by desktop

鈴木輝一郎の著書のお取り寄せは下記から