自己紹介

自分の写真
1960年岐阜県生まれ。小説家です。著書一覧は「すずききいちろう」で検索してください。

2022年1月13日木曜日

2022年1月13日午前10時29分 社会的地位のある高齢男性は日本語の文法がおかしい

 2022年1月13日午前10時29分 社会的地位のある高齢男性は日本語の文法がおかしい

まあ、鈴木輝一郎小説講座でとてもよく見かける案件なわけですが。

教会の信徒説教者講座で、あたらしいコースが始まった。で、講師の先生からテキストを渡されたので目を通しているんだけど──そういう案件なんですよ。講師先生が書かれたのではなく、某神学校の偉い先生が書かれたものなんだけど、意味がわからない箇所が多くて。

「内容が難解」なのではなく、「日本語の文法がおかしいから意味が通じない」箇所が多発してるんだ。

「主語と述語が対応していないから文意が不明」「修飾語・修飾節の被修飾語・被修飾節が行方不明で文意が不明」とかが多発してて閉口中。

活字になったことのある書籍の模様なので、おもわず「これ、校閲入れたのか?」って言いたくなっちゃいましたよ、商売柄。ぜったいにチェック入ってないよね。

教員・僧侶・管理職など、「ある程度社会的地位があり、文脈が不明でも周囲が我慢して聞いてくれ、忖度してくれる立場の人」は日本語力が顕著に落ちる。

キリスト教の牧師先生は自由競争の波に揉まれているせいか、そういう例は滅多にみかけないんだけどねえ。


「神は言(ことば)なので、ちゃんとしろ(大意)」ってのを文中で連発しているのをみると「おまえがちゃんとしろよ」ってツッコミ入れたくなります。


……って言ってる俺も高齢者男性。気をつけなきゃ……


鈴木輝一郎の著書のお取り寄せは下記から