自己紹介

自分の写真
1960年岐阜県生まれ。小説家です。著書一覧は「すずききいちろう」で検索してください。

2022年6月28日火曜日

2022年6月28日火曜日。午後5時13分

 2022年6月28日火曜日。午後5時13分

睡眠6:52時間。梅雨が明けて35度だが湿度は40%台なんで、乾燥しているだけまだラク。

鈴木輝一郎小説講座の疲れのピーク。ラジオ体操の気力は残ってない。きのうサウナで汗流したのはけっこうよかったかも。

午前中爆睡の予定だったけどポッドキャストのストックが減ったので急遽とりだめ。

アップロードして、鈴木輝一郎小説講座の受講生のメールのレスポンス書きどさどさ。かなり溜めてたんで。

次作長編の清書、ちょこっと趣味の読書。

先日の鈴木輝一郎小説講座の動画のセルフチェックで小島環さんの枠。アシスタントさんにチェックしてもらっているので音声はかなりクリアになってます。

薬物依存症リハビリテーションセンター岐阜ダルクの寄付金の記帳と転送。

ヘルバーさんと自費負担ぶんの契約書の日程調整。介護ベッドの業者さんの契約書と現金精算のぶんの精算。20年ぐらい前に同時多発介護で走り回ったことを思うと飛躍的にラクにはなったけど、それでもまだ、こまごまとした「名もなき介護」ってけっこうある。

今日はこれで仕事あがり。飯をつくってシャワーを浴び、夜はアルコール依存症自助グループのミーティングの予定。

2022年6月27日月曜日

業務連絡(2022年6月27日記)鈴木輝一郎小説講座受講生のみなさんへ

 業務連絡(2022年6月27日記)鈴木輝一郎小説講座受講生のみなさんへ

2022年6月25日の講座動画および音声を一斉配信しました。確認してください。



2022年6月22日水曜日

2022年6月22日やったこと

 2022年6月22日午後6時0分朝いちばんにガスト行って原稿書き。それからケアマネさんとデイケアの契約変更の打ち合わせ。午後1時から社会福祉法人あゆみの家の評議員会で理事の報告を受け、鈴木輝一郎小説講座の受講生の提出原稿の目通しとレスポンス。

もう寝るぞ、俺は。

2022年6月13日月曜日

2022年6月25日の講座通信を一斉配信しました

 業務連絡(2022年6月13日記)鈴木輝一郎小説講座受講生のみなさんへ

2022年6月25日の講座通信を一斉配信しました。確認してください。

http://www.chunichi-culture.com/programs/program_133700.html

2022年5月19日木曜日

コールザミッドワイフ ロンドン助産婦物語は「信仰と希望と愛の話」

2022年5月19日
コールザミッドワイフ ロンドン助産婦物語は「信仰と希望と愛の話」 
観始めてます。
これ、ベタだけど収穫。BBCの人気テレビシリーズ。 
1950年〜60年代のロンドンの聖公会の修道院が経営する産婦人科病棟の、看護師と修道女たちの話。 
基本、1話完結で必ずハッピーエンドになるのが安心。
いまのところいちばん感動したのは、老いた夫が若い妻が生んだ明らかにアフリカ系の赤ん坊を抱き上げたときの、周囲の緊迫した雰囲気と、いろいろよぎったのちに「なんてかわいい子だ」と抱きしめるシーン。
そんなのがいっぱいあります。 
修道院が舞台になっているけれど「愛と希望と信仰が残る。そのなかで最も重要なのは愛」という、パウロの言葉がメインテーマになってる、とても いいドラマ。
 アマゾンプライムで全話観られます。まだ1シーズン観終えただけですが、おすすめ。



鈴木輝一郎の著書のお取り寄せは下記から